Skip to main content
x
在宅医療に適用される遠隔患者ケア

ケーススタディ: 在宅医療に適用される遠隔患者ケア。

我々は最近、以前は夫を失っていた81歳の在宅医療患者を訪問した。 彼女は毎日在宅医療の3×4時間のブロックを受けていたが、まだ不安を感じていた。

午後遅く、時には夜中に、"メアリー" は、不安、そしてかなり困窮し、混乱になるだろう。  これは、認知症のスペクトルの軽量化の終わりに人々のために非常に一般的です。

彼女はまだ機能することができたし、これらのパニック発作が発生したときに、親戚を呼び出します。  しかし、誰もがより多くの懸念になっていたし、状況によって強調した。  メアリーと彼女の親戚の両方が支援ケアに彼女の動きを検討していた。にもかかわらず、これはメアリーや彼女の親戚に望まれませんでした。

もちろん、24時間在宅医療への移行のオプションがあったが、メアリーはまだ自分自身にいくつかの時間を持っているので、そのオプションは本当に実行可能ではなかったが好きだった。

メアリーは、携帯電話を使用することができた, 他の家電, 彼女のスマートテレビのような, あまりにも多くのトラブルなし, ので、リモート患者の監視を提供するという考えは考えられていた.

 

 

  

  

   

 

 

   

  

  

 

 

Soins aux patients à distance appliqués aux soins de santé à domicile

Étude de cas: soins aux patients à distance appliqués aux soins de santé à domicile.

Nous avons récemment visité un patient de 81 ans de soins de santé à domicile qui avait déjà perdu son mari.  Elle recevait 3 x 4 heures de soins de santé à domicile chaque jour, mais se sentait toujours anxieux.

En fin d'après-midi, et parfois au milieu de la nuit, «Marie» deviendrait désorienté, anxieux et tout à fait affligé.  C'est assez commun pour les gens sur l'extrémité plus légère du spectre de démence.

遠端病人護理在家庭衛生保健中的應用

案例研究: 遠端病人護理應用於家庭醫療保健。

我們最近拜訪了一個81歲的家庭保健病人, 他以前失去了丈夫。 她每天收到 3 x 4 小時的家庭保健服務, 但仍感到焦慮。

在傍晚時分, 有時在半夜, "瑪麗" 會變得迷茫, 焦慮, 和相當心疼。  這是很常見的人在較輕的結束癡呆頻譜。

當這些驚恐發作發生時, 她仍然能夠發揮作用, 並會打電話給親屬。  但每個人都變得更加關注, 並強調的情況。  瑪麗和她的親屬都在考慮她進入輔助護理; 儘管瑪麗或她的親屬不希望這樣做。

當然, 可以選擇24小時的家庭保健服務, 但瑪麗仍然喜歡有自己的時間, 所以這個選擇是不真正可行的。

瑪麗能夠用手機和其他家用電器, 像她的智慧電視, 沒有太多的麻煩, 所以提供遠端病人監測的想法被考慮。

瑪麗被提供了一個 Tablet 電話, 讓她與照顧者聯繫, 觸摸圖示。  與二路錄影連接瑪麗能接受個人連接和安心她需要, 每當她變得焦慮。  看護者能夠評估情況, 如果需要, 也可以通過視頻將瑪麗與親屬聯繫起來。

Atención remota del paciente aplicada a la atención médica en el hogar

Estudio de caso: cuidado paciente alejado aplicado al cuidado médico casero.

Recientemente visitamos a un paciente de 81 años que había perdido a su marido.  Ella recibía tres bloques de 4 horas de cuidado de la salud en el hogar cada día, pero todavía se sentía ansioso.

Durante la tarde, y a veces en medio de la noche, "María" se desorientó, ansiosa y muy angustiada.  Esto es muy común para la gente en el extremo más ligero del espectro de la demencia.

Remote Patient Care Applied to Home Health Care

Case Study:  Remote Patient Care Applied to Home Health Care.

We recently visited a 81 year old Home Health Care patient who had previously lost her husband.  She was receiving 3 x 4 hour blocks of home health care each day, but was still feeling anxious.

During the late afternoon, and sometimes in the middle of the night, "Mary" would become disoriented, anxious, and quite distressed.  This is quite common for folks on the lighter end of the Dementia spectrum.